【社員対談】消えゆく昔の映画!サブスクはTSUTAYAの代替となり得るか。

恒例の社員対談。今回のテーマは「映画」です。映像に関してもサブスクリプションサービスが主流となりつつありますが、サブスクがあれば映画館やレンタルはもう不要?オールド派の中堅社員swdとアルバイトMが考えてみました。

swd
Mくんは映画とか結構見る?
m
あまり見ないですね。話題になっている作品を映画館で観たり、準新作をNetflixで観たりする程度で。
swd
僕は好きでよく映画館に行ったり、名画座を見たりするんだけど最近どうにも不便だなあと思うことがあって。
m
えっ、swdさんはNetflixとかプライムビデオとかのサブスクリプションサービス使ってないんですか?
swd
使ってるよ。映像配信サービスとしてはNetflixとプライムビデオ、あとTSUTAYA、TSUTAYA DISCASを使ってる。別に映画館に行くのが面倒くさいというわけじゃなくて、、

netflix-cap引用:主流になりつつある定額動画配信サービスNetflix

過渡期を迎えた映画視聴環境

swd
結構クラシックな映画が好きで、最新作を公開した監督の過去の作品を見たりとかするんだけど、昔の作品にすごくアクセスしづらいんだよね。
m
割と新しい作品はあるので昔の映画もあると思っていました、、
swd
実は全然ない。巷ではTSUTAYAがどんどん少なってきてるし、サブスクが完全にTSUTAYAの代わりになってくれれば問題ないんだけどね。
m
TSUTAYAがなくなったら八方塞がりですね。
swd
音楽に関しては過去のカタログがある程度揃ってるんだけど、映像配信はいまいち。別にコンテンツの量自体は少なくないんだけど、昔の作品は極端に少ない。権利関係で揃いにくいという問題はあるのかもしれないけど。
m
観たい作品がサブスクにない場合にはどうしてるんですか?
swd
まずTSUTAYA DISCASを見るね。郵送でDVDのやり取りをする、ものすごくアナクロなシステム。それでもない場合にはTSUTAYAに行く。たくさんのサービスを併用せざるを得ないっていう状況もめんどくさい。

TSUTAYA-DISCAS-cap引用:TSUTAYA DISCAS

m
サブスクを探して、配信で探して、TSUTAYAでも探すんですね。その時点でもう観る気が失せそうです、、
swd
昔だったらTSUTAYAに行けば、店舗の大小はあれど、何がどれくらいあるっていうのが結構わかりやすかったじゃない?それに自分がTSUTAYAにいって探すだけで済むわけだし。
m
お店にさえ行ってしまえば楽ですね。
swd
それに対してサブスクっていうのは自分が家から出る手間は省けるけど、コンテンツ全体の量がすごく見えづらい。頑張って探してもない場合もあるし、探すのに疲れてしまうんだよね。
m
言われて思ったんですがサブスクって作品を探すのには向いてないですよね。おすすめとか新着に関してはすぐ出てきていいですけど。

swd
TSUTAYAって日本の地方を含めた文化的なインフラの部分があったなと思って、それが店舗の減少もあり失われつつある。TSUTAYAに行けば昔の作品でも「名画」として紹介されていたり、そういうコーナーがあったりして誰でも手に取ることが可能だった。

swd
配信サービスが普及したことで権利者に利益として入っていくのは良いことなんだけど、一昔前のものにアクセスする回路っていうのは失われている。

m
昔のもの、特にカルチャーに関する情報は能動的に動かないと入ってこないですもんね。

swd
過渡期だから不便な部分はしょうがないと思うんだけど、このまま移行していって本当に大丈夫なのかなっていう不安はあるね。
Filmarksが盛り上がっていて、映画のコンテンツ価値は失われてないはずだから、なおさら。

Filmarks-cap引用:盛り上がりを見せているFilmarks

m
追加でお金を払ってでもいいですけど、そういうものに触れられる機会は失われないでほしいですね。
swd
僕を満たしてくれるような、使いやすくてクラシックな映画も見られる新たな映像配信サービスの登場を心待ちにしているよ。