Instagramの写真投稿は存在し続けられるのか

今ではTwitterと双璧をなすSNSツールとなったInstagram、通称インスタ。Twitterはテキストコンテンツを媒介としたものですが、こちらは画像を媒介とするSNSです。スマートフォンのカメラ性能が良くなるにつれ、インスタもよりメジャーになっていったイメージがあります。
インスタの進化は目をみはるものがあり、これまでハッシュタグ機能や時間系列のタイムラインの廃止、動画投稿機能「ストーリーズ」など、時代の移り変わりに合わせて大胆な機能更新がなされています。

instagram_top引用:Instagram公式サイト
Instagramは画像を投稿できることから、アパレルブランドを主として、ブランドの持つ世界観を伝えるマーケティングツールとして多くの企業が活用しています。広告出稿の形態も写真の投稿だけにとどまらず、動画を使用した広告もあり、インターネットマーケティングの世界でもその存在は無視できないものになっているといえるでしょう。


View this post on Instagram

“My father used to tell me that the real dreamer is the one who dreams about the impossible.” #justdoit

nikeさん(@nike)がシェアした投稿 –

そんなインスタから先日新しい機能追加のお知らせがありました。それはショッピング機能をストーリーズにも拡張するというものでした。

今ではInstagramの代名詞ともいえる機能に成り上がった24時間で消えてしまう動画投稿サービス「ストーリーズ」。私の身の回りでも更新されるのは通常の写真投稿よりもストーリーズの方が多いくらい非常に利用頻度が高いです。そのストーリーズからショッピングができるようになるという発表がありました。

instagram_infoInstagramのストーリーズから買い物に。
これまでも通常の投稿からショッピングへ誘導する機能はありましたが、それがストーリーズでも使用可能になるらしいのです。ユーザーの利用頻度を鑑みた新機能の実装は、企業の新たな販売チャンネルとして大きな存在感を放つことになるでしょう。24時間で見れなくなるという「限定感」が消費者の購買意欲を刺激することも間違いありません。

この発表にはすごいなと感心する反面、通常の投稿機能がそのうちなくなってしまうのではという懸念がよぎりました。

インスタ以前の写真投稿サービスというのは肩に力が入ってしまうものが多く、スマホでサッと撮った写真を共有することはハードルが高かった気がします。それがインスタの登場により、気軽に撮った写真でも投稿することが出来るようになりました。ミレニアル世代の私たちにとって、気張らず日常を切り取ることを可能にしたのはInstagramが初めてといえるでしょう。

しかし今回の機能追加のようにInstagramはどんどん更新されていき、機能追加と廃止を繰り返していきます。その進化の先には、Instagram登場当初の写真投稿機能はなくなってしまうかもしれません。移り変わりの早い世界なので仕方ないことですし、アップデートによって便利になっていくことも事実です。それでもインスタントカメラをモチーフにしたかわいらしいアイコンの持つ意味が忘れられないことを願うばかりです。
おめかししてデートに行った写真を残せないなんて、少し寂しい気がしませんか。