ローカルメディアよ、ジレンマを越えてゆけ

era
今日のお題はズバリ、地方のメディアです!

kawakazu
eraくんも地方出身だよね?

era
そうですね。
三重生まれ愛知育ち、大学は長野だったのでゴリゴリの田舎者です。
なのでローカルメディアには前から興味があって、上京してからも各方面チェックするようにしています。

kawakazu
じゃあそんな地方メディアウォッチャーのeraくんから見て、ここ数年で地方のメディアに変化はあった?

era
まず単純に数が増えましたよね。
ジモコロコロカルみたいな大手メディアが誕生したのもここ数年の話です。

kawakazu
確かにそんな気はするね。メディアだけじゃなく、PR動画が話題になることも増えたかな。

era
大分のシンフロあたりですね。最近では宇治市のゲーム風PR動画もバズっていましたね。

kawakazu
昔と比べて、全体的なクオリティが上がっているよね。東京の代理店や制作会社が入っているのかも知れないけど。

era
メディアもPRコンテンツも、いかにもネットで話題になりそうな、キャッチーなものが増えましたね。
面白いなあと思う反面、個人的には「それでいいの?」という気もしていて……

kawakazu
というと?

era
いや、ざっくり言えば広告なわけですから、注目を集めようとすることは自然だし、それが出来れば成功って面はあると思うんです。
ただ一方で、地方の課題ってそこなの?というか。
僕は大学で各地方のまちづくりについて調査してたんですけど、そもそも観光を売りにできる街なんてほんの一握りですし、どちらかというと人口流出やにぎわい創出の方が大きな課題なんじゃないかなあと思っていて。

kawakazu
未だに東京一極集中は止まらないからね。

era
それを考えると、外から見て面白がってもらえるようなブランディングだけじゃなくて、そこに住みたい、暮らしてみたいと思わせるようなメディア戦略が必要だよなあと思っていたりして。

kawakazu
そういうメディアは今のところ現れていない?

era
もちろん、ありますよ。
福岡移住計画なんかはD&Department的なオシャレ記事に加え、就職情報なんかも掲載していて、実際に「住む人を増やす」という明確なビジョンを感じますね。

福岡移住計画 福岡移住、福岡コミュニティ情報を発信する、移住応援サイト
引用:福岡移住計画

era
あと個人的に好きなのが各「駅」レベルのミクロメディアです。
東京の例になりますが、例えば「酒と泪と下高井戸」という、京王線下高井戸駅付近の飲み屋について語られるメディアがあります。
デザインが超かっこいいとか、レビューが名文揃いとかではないんですが、間違いなく地元の人が書き込んでいるんだろうなと言う安心感がありますよね。

酒と泪と下高井戸 下高井戸のグルメ・居酒屋・バー情報のまとめ
引用:酒と泪と下高井戸

kawakazu
実際にそこで暮らすとなると、外面の格好良さ・オシャレさよりも、そういったリアルな情報のほうが有益だったりするからね。
逆に東京向けのメディアで取り上げられているようなお店が、地元民から受け入れられてないこともあるし。

era
そうなんです。ただ、そういうリアルな情報ってひたすら地味なんですよね(笑)だからあまり話題にならないし、派手めな観光PRに埋もれていく。
だからこそ、そんなジレンマを越えていくような……つまり、それぞれの街で暮らすことを多くの人に面白がってもらえるようなメディアやコンテンツがこれから登場することを期待したいですよね。

kawakazu
そうだね。って、ずいぶん他人事じゃない?

era
上京してはや5年、僕もすっかり都会の絵の具に染まっちゃったってとこでしょうかね……あ、そういえば太田裕美って東京出身なんだって知ってました?なんかむっちゃ騙された感ありません?

kawakazu
……