冬の定番鍋調味料

気温もぐっと下がり、鍋をする機会も増えてきている今日このごろ。今回はお気に入りの鍋調味料をご紹介します。今年の塩麹鍋をはじめ、カレー鍋やカルボナーラ鍋など、毎年変わり種鍋がうまれていますが、結局はこの3つの調味料を使ったオーソドックスな鍋に戻ってきてしまいます。ぜひお試しあれ。

○水炊きには
「馬路村ゆずぽん酢しょうゆ」

かれこれ10年近くの愛用しています。昭和60年の発売以来、数々の賞を受賞したという名品。他のポン酢と比べ、すっぱさがまろやかで旨みがあります。湯豆腐、水炊き等の鍋物にはもちろん、オイルを混ぜてドレッシングに、餃子、冷奴など夏場も重宝しています。最近ではスーパーでも取り扱って、簡単に手に入れられます。
http://www.yuzu.or.jp/products/list.php?category_id=2

○寄せ鍋(醤油)には
「創味のつゆ」
実家にも常備してある万能つゆ。だしの旨みが、他社製品に比べると自然で、甘さもおさえてあります。和風の料理には醤油代わりに使うこともあり、醤油よりこのつゆの消費量の方が多いです。こちらも1年中常備しています。
http://www.somi.jp/products/tsuyu.php

○寄せ鍋(味噌)には
「とり野菜みそ」
数年前に関西の友人から勧められて以来愛用しています。石川県発祥で、家庭味噌を基本に香辛料などを混ぜ合わせた調味味噌。パンチのあるだしがきいています。これで豚汁を作っても絶品。東京では有楽町にある石川県の観光物産センターまで足を運ぶか、楽天・amazon等のネット通販で購入できます。ちなみに「とり野菜みそ」の「とり」は「野菜や栄養をたっぷり摂る」という意味があるそうです。
http://www.toriyasaimiso.jp/