ウェブで読むホームズ

子供の頃に親しんだ本を改めて読み返すのが結構好きなんですが、その感覚で言わずと知れたシャーロック・ホームズ・シリーズを再読中。本でも電子書籍でもなく、全作品の邦訳を無料公開しているサイト「コンプリート・シャーロック・ホームズ」を利用しております。

当初は、大人向けのちゃんと造本されたものが良かろうと思ったんですが、意外にもそんな版はないんですよね。現在刊行されているのは文庫ばかりで、挿絵の数がものすごく少ない。その点、「コンプリート・シャーロック・ホームズ」は原作の挿絵もほぼすべて掲載しており、その点において現行のどの書籍版より良いのではないかと思います。ひとつ難点を挙げると誤字脱字が結構多いんですが、訳自体は悪くないので個人的には無問題。

子供の頃といちばん違った読後感と衝撃を味わったのが、「孤独な自転車乗り」という短編。とある女性が屋外で無理矢理に結婚式を挙げさせられるという下りがあるんですが、これって要するに「野外レイプ」の暗喩なんですね。作者のコナン・ドイルはビクトリア朝時代の厳しいモラルに縛られ、直接的に書くことができなかったようです。子供の時はこの話、まったく意味がわかりませんでした。(澤田大輔)

・コンプリート・シャーロック・ホームズ
http://www.221b.jp/