iAdってどうなんですか

iPhone 4の発表の陰に隠れてしまったけど、実はiAdの発表もトピックとしては結構大きいもののはず。
  このサービスで、ますますApple VS Googleという構図が強化されることになる。きょう(2010年6月8日)発表されたiAdは、iPhoneアプリに向けて広告を配信するAppleの新しいサービス。
 プレスリリースによれば、
iAdは「テレビ広告の表現力とウェブ広告のインタラクティブ性を合わせ持ち、広告出稿者に対し、動きと感動をもたらすダイナミックでパワフルな新しいモバイル広告手法」なのだそうだ。
  アプリから離れることなく、その場でリッチな広告コンテンツを見せたり、ゲームで遊ばせたり出来るらしく(もしかしたら、その場で商品を買わせたりもできるのかもしれない)、広告主にとってはかなり魅力的な仕様になっていた。
  アプリでビジネスしているベンダーにとっても、新しい収益化の手段になるのは間違いなく、その意味では僕も大いに興味がある。ベンダー側の取り分は60%だそうだ。
  プレスリリースによると「2010年度のiAd出稿契約をすでに6千万ドル以上獲得」していて、これは2010年下半期の「米国内のモバイル広告費合計の約50%に当たる数字」とのこと。
  これでAppleはインターネット広告の分野でも巨大な覇権を手にすることになるかもしれない。そして、Androidなどのスマートフォンのアプリ宛に広告を配信するAdMobを買収したGoogleと、見事に競合関係になる。
(AdMobはiPhone/iPad宛広告も扱ってるが)
  iAdに期待できそうなのは、スマートフォンにおけるiPhoneのシェアの大きさはもちろんだが、Appleのブランド力によってナショナルクライアントのような優良広告主が好んで出稿しそうだなーということか。
  日本でも7/1からスタートするんだとしたら、僕らもなにか考えたいところ。