夜の京都を歩く

 みなさんは京都といえばなにを思い出しますか? 日本の首都があった歴史的な都? 修学旅行で行くところ? 関西フォークの中心地? それとも、シナモンの匂いがするシートに「夕子」とか「おたべ」みたいな名前をつけて売ってる街? 東北で育ってきた自分にとって京都という街のイメージはかなりぼんやりしたものでして、〈なんか洒落てる、住んでるとモテそう〉といった程度。「はんなり」や「おいでやす」に代表されるような、標準語よりも価値が高そうな方言を使えることやなんかに一々「ええなー」、と劣等感を抱いてしまう土地なのでした。

 そんな感じで京都には3回しか行ったことがないんですが、1月の終わりに横浜のイカしたグループ、PAN PACIFIC PLAYAの方々や、DJのやけのはらさん、DORIANさんらが出演するイヴェントがあるという情報を聞きつけ、なんとなく新幹線のチケットを取って京都まで行ってしまいました。

タワー外観@京都
到着したのが夜だったので、もはや暗い。これじゃ写真が撮れないじゃんかー、と思いながらとりあえず駅の前にあった京都タワーに入ってみる。

指つめ@京都タワー
この注意書き、みうらじゅんが原稿にしてたから知ってる!と興奮しながら入り口で1枚。

階段@京都タワー

お手洗@京都タワー
浴場@京都タワー
京都タワーって塔に登らなければ昭和のデパートみたいなテナントビルなんですね…。レストランも看板も非常にレトロ。そして、なぜか地下には銭湯が。入ろうと思ったけど風邪ひきかけだったんで断念しました。マスコットの「たわわちゃん」のピンバッヂを購入。400円。

地下鉄でよく見た紳士@京都
会場の京都メトロまで行く途中、地下鉄の駅構内で何度もみた紳士型の看板。紳士の体にいろんなお知らせが書いてある。笑顔なんだけど、雰囲気がありすぎて怖え。

イベントのフライヤー@京都
ぶらぶらしてたらたどり着いた会場の京都メトロ。6年くらい前に来たとき、酔っ払いすぎて会場そばの駐車場に大量のゲロを撒き散らしたことを思い出す。会場に入る前に、いちおうその駐車場もチェック。

ライヴ写真@京都メトロ
楽しすぎて記憶が飛んでしまったんですが、イヴェントはとにかく最高でした。今年上半期ベスト・イヴェント間違いなし! いちいち盛り上がる京都のお客さんもさいこー。前日京都でライヴがあったサイプレス上野さんにテキーラのショットをおごってもらったりしながら、音が止まるまでべろんべろんに酔っ払ってしまいました。

9h@京都
で、朝になったので前から気になっていた四条のカプセルホテル「9h(ナインアワーズ)」
へ。

9h@京都
9h@京都
9h@京都

9h@京都
9h@京都
9h@京都

9h@京都
9h@京都
9h@京都
床も天井も壁も全部白い! 「2001年宇宙の旅」の宇宙ステーション5みたい! できたばっかり(去年の12月オープン)だから、綺麗で快適でした。言葉の説明が全然書いてなくて、シャワーや洗面所の場所など全てアイコンで表示されてるのも面白いです。

9h@京都
9h@京都
「音」ではなく「光」で起こす目覚ましも新鮮でした。と、睡魔に襲われ写真を撮りながら、もしかして…と思い従業員の方に聞いたら、やっぱりお客さんはみんな写真を撮って帰るのだそう。そりゃそうか。

サウナチェリ@京都

奈良漬@京都
オール2連続だったので眠りまくってしまい、京都観光も早々に切り上げて東京へ戻ったのでした。この↑写真は観光途中で見かけたいい看板と、京都っぽい食べ物の写真。以上、京都歩きレポートでした。撮影した写真は、会社のFlickrにアップしてありますので、お時間とご興味がある方はご覧いただけましたらと思います。それでは、チャオ~。