本日発売! AZUの新曲"WONDERLAND"

AZUが2007年に発表したセカンド・シングル”JEWEL SKY”を耳にした時は本当に衝撃を受けました。”東京ラブストーリー”を思わせる冒頭のギター・カッティング、サックスが軽快に絡む都会派な展開、そして、かつての〈カメリア・ダイアモンド〉のCMソングの系譜に連なるド派手なサビ……どこを取っても92年の曲にしか聴こえない!

90年代前半こそがJ-POPの黄金期と思い込んでいる筆者としては、偏愛せずにはいられないアーバン名曲だったわけですが、彼女は別に好事家受けを狙うニッチ路線の人ではありません。もともとはSEAMOのフックアップを受けてソロ・デビューを果たした、正統派のR&amp;Bシンガーであります。”JEWEL SKY”が特殊と言うか、彼女のディスコグラフィーのなかでも極端に異質な曲だったんですな。<br /><br /> もちろん、本分たるR&amp;Bスタイルの作品にも良い曲はありまして。”SUMMER BREEZE”(デビュー・シングル”CHERISH”収録)なんぞはタイトル通り夏への扉を開ける微炭酸チューンでほんと素晴らしい。そして、この曲に続くAZU式サマー・アンセムが、本日1月27日発売の最新シングル”YOU &amp; I feat. LOVE LOVE LOVE”に潜んでおりました。タイトルは”WONDERLAND”。ブラジリアン・フレイヴァーに満ちたリゾート・ポップです。作編曲を手掛けているのは、ダンサブルなポップユニットのライムライト。彼らはヴォーカルでも参加しており、男女の歌声が交互に立ち現れる構成がまた良いんですよ。<br /><br /> なお、このシングルの表題曲は、ドリカムの大ヒット曲”LOVE LOVE LOVE”をサンプリングしていることで話題のナンバーなんですが、原曲の一部をループさせてまったく新しい曲に変換しており、なかなか面白いです。もう1曲のカップリング”BEAUTIFUL DREAMER”は浮遊感あふれる冬ハウスに仕上がっていて、こちらも最高。四つ打ちJ-POP好きは必聴でしょう。いやあ、充実したシングルです。<br /><br />