カズンが伝える90年代ラヴ・ストーリー

カズン……その名前の通り、いとこ同士の男女ヴォーカル・デュオであります。サッポロ〈冬物語〉のCMソング”冬のファンタジー”が大ヒットを記録した、あのお二人。失礼を承知で言えば、〈90年代J-POP一発屋〉枠で認識している人が多い気がするんですが、どうでしょう? みなさん覚えてますかね?

しかしカズンは良いですよ。男女のハーモニーを主軸にした楽曲群のなかには、杉真理や松尾清憲の系譜に連なるような良質なシティ・ポップもたっぷり。実際、杉真理もアルバムに参加してたりするんですけどね。シャッフル・ビートのクリスマス・ソング”想い出をつくろう”あたりは、先に挙げたお二方のファンなら絶対気に入るはず。<br /><br /> それに、意外とダンサブルなナンバーが多いんです。SMAP”ダイナマイト”やFOLDER”パラシューター”などの作者として知られるコモリタミノルが手掛けた楽曲は、まさにコモリタ印のハウス・チューンに仕上がっていてどれも素晴らしい。”恋する惑星”や”ベルが鳴った”なんてホント最高ですよ。ageHaでのプレイも可!(やや言い過ぎ)<br /><br /> そんなこんなで全作品必聴と言ってしまいたいカズンですが、極私的に愛でている楽曲が6枚目のシングル”夢追いかけて”のカップリング曲”ふたりのSomeday”(アルバム『ふたりのSomeday』に収録しているのは別ヴァージョン。こっちも良いんですけど)。軽めの打ち込みビートが心地良い地味目の高品位ポップ・チューンなんですが、歌詞もまた素晴らしいんですよ。お互い忙しくて、最近はなかなか会うことができない恋人同士が連絡手段として選んだのは、なんとファックス。悩みを打ち明けたり、それに対するアドヴァイスを綴ったりしているうちに、二人は頻繁に会ってた頃以上の強い絆で結ばれていく――とまあ、こんな物語なんですが、ファックスってのがメール以前/90年代って感じで味わい深いじゃないですか。筆者も〈おたっくす〉を使って、粋な直筆ラヴ・メールをやり取りしてみたいもんです。<br /><br /> なお、カズンは現在も精力的に活動中。近年の作品も良いので、ぜひチェックしてみてください。