それぞれの思惑が交錯する(?)「南港チャンネル」

今月7/1(金)よりUR都市機構西日本支社が、大阪市住之江区の南港エリアの魅力を発信すべく、よしもと芸人とタッグを組んだ動画メディア「南港チャンネル UR × よしもと」がスタートしました。

nanko_channel
引用:南港チャンネル

YouTuberとしても活動する大阪よしもとの個性的な芸人5組(馬と魚、こまごめピペット、ラニーノーズ、マスゲン、(株)はつだ)が、トークや歌、ダンスなどそれぞれの得意分野で南港エリアの「いいとこ、いいこと」を紹介。まだ全員分はアップされていませんが、動画を見ているとこれまであまり意識したことのなかった南港エリアがどんどん気になってくるものです。

よしもとと言えば、2011年4月から全都道府県に芸人を定住させてその地域に密着した芸能活動および地域貢献を目指すプロジェクト「あなたの街に“住みます”プロジェクト」を続けています。さらに2015年にはエリアを拡大し、アジア各国にまで芸人を派遣する「住みますアジア」もスタート。それぞれ現地でも笑いを取っているというニュースを目にするので、今回はURとのタッグですが、自治体と何かをするというノウハウはすでにかなり蓄積されているようです。恐らくですが、この「南港チャンネル」は他の地域でも同じような取り組みができるかどうかの試金石なんだと思います。

47web
引用:よしもと住みます芸人47WEB全国版

またUR側も無印良品やIKEA、東急ハンズなどとコラボレーションした物件の発表を続けており、近年大きな話題を集めています。今回よしもとと組んだのも、これまでとは違うタイプの入居者へのアプローチを考えてのことでしょう。

muji_ur
引用:MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト

そんな両者の思惑が交錯するこのプロジェクト、実際にどういう集客の流れになったのかは部外者からはわかり得ないですが、今後別の地域で同じようなキャンペーンがスタートした際には大成功だったんだなと確信が持てそうです。